着物お手入れ

査定に出す前に…「着物のチェックポイント」

大切にされていた着物。きちんと保管していたはずなのに、
「気づかないうちにシミや汚れが…。」こんな経験はございませんか?
着物にシミや汚れがありますと、買取価格が下がることが多くなっております。
査定に出される前に、下の図をご参考に着物をチェックすることをオススメします。

※上前は、着物の前を合わせたとき、
外側になる部分のことをいいます。
袖口

着用する事による汚れ。
化粧品ほか
上前 食事による跳ねこぼしなど
お尻周り 座った時につく汚れ
たもと 袖下など汚れ易い
衿元
褄下の上部分
着用時に触れる回数が多い所

長期間保管していた着物は、内側にシミができてしまうことが
ありますので、内側もチェック!

着物の各部位の名称

もしも、シミや汚れがあったときは…??

シミや汚れがあった場合は、無理せず「着物クリーニングなどの専門店」にご相談ください。

※当店では、着物・帯にシミや汚れが多少ある場合でも、お取り扱いしておりますが、
買取金額が下がったり、お品物によっては買取できない場合もございます。

「シミぬき剤」など薬品類はご注意ください!
着物は絹などの高価な生地で作られている多く、ご自分で市販のシミぬき剤などで染み抜きされますと、 着物をかえって変色させてしまったり、縮んだりすることもあります。
そこで、当店では、安易にご自分で染み抜き等をされることはお勧めしておりません。
シミや汚れがあった場合は、着物のクリーニング店や染み抜き専門店などに任せるようにしましょう。

長期間の保管をする時のご注意

着物の大敵は「湿気」!湿気に気をつけて保管しましょう。

着物は、湿気を吸うといたみやすくなり、カビも発生しやすくなります。
そこで、年に1度くらいは「虫干し」をします。

「虫干し」を行う

晴れた日が2日以上続いたカラッとした日に、室内の風通しの良い場所で、
綱や竿などに着物をかけ、風を通します。

・虫干しにお勧めな時間帯:午前中(10時頃)から午後(3時頃)まで
・虫干しにお勧めな季節:7月~8月(土用干し)と、1月~2月(寒干し)

着物のしまい方

着物は、一枚づつ「たとう紙」に包んでしまいます。

※ポリエチレンやビニールはカビが生えますから使用しないで下さい。
※防虫剤は「2種類」を入れますと化学反応を起こし、着物や帯のシミや
変色の原因になりますので、防虫剤の種類を混ぜないようします。
※収納には、「桐箪笥」が優れていますがない場合は、
桐製の衣装ケースや茶箱などを代用すると良いです。

ページの先頭へ