着物まめ知識

たくさんの種類がある「着物」。着物の種類や着用するシーンなど、
ちょっとだけ知っておきたい「着物まめ知識」をまとめました。

着物の「種類と格付け」について

着物には、たくさんの種類がありますが、「礼装着、略礼装着、外出着、街着・普段着」
というように、作法に従った格付けがあります。
そのため、それぞれのシーンや目的、季節によって着用する着物がかわり、合わせる帯や
小物も変わります。具体的な着用するシーンなどは下の表をご覧くださいませ。

  着物 説明 着用するシーン


留袖 留袖 ミセスの第一礼装 丸帯、袋帯 結婚式、仲人
振袖 振袖 ミスの礼装 丸帯、袋帯 結婚式、成人式、謝恩会、お色なおし
喪服 喪服 黒無地。
通夜には地味な色無地の着物に黒の帯をする場合もあります。
黒の名古屋帯、袋帯 通夜、告別式


中振袖 中振袖 ミスの礼装。
大振袖より紬丈が短い着物
丸帯、袋帯 結婚式、成人式、謝恩会
訪問着 訪問着 絵羽模様(肩から裾にかけて模様が続いている)の着物。 袋帯 結婚式、卒入学式、お宮参り、七五三
付下げ 付下げ 肩と裾に模様がある着物。訪問着より格式ばらずに着られます。 袋帯 結婚式、卒入学式、お宮参り、七五三
色無地 色無地 1つ紋付で、略礼装として着られます。 袋帯
格の高い名古屋帯
結婚式、卒入学式、お宮参り、七五三、お茶会

小紋 小紋 全体に細かい模様がある着物。 袋帯、名古屋帯 お茶会、七五三、観劇
紬 先染めの着物 名古屋帯、半幅帯 お稽古着、観劇

礼装着とは…?

結婚式や公の儀式など、より格式を要求される場に装うきものです。
結婚式で、身内の方や仲人が着られている「黒留袖」が代表的です。

略礼装とは…?

礼装につぐ格式の着物です。色や模様が礼装着よりも少しくだけて親しみやすい和装です。
結婚披露宴やクラス会、お見合いなど、社交的な場面で幅広く着られています。

ページの先頭へ